教会歌集より 作品番号なし
From Church Songs

1986年2-6月作曲
全曲初演日上明
無伴奏混声合唱

古くは中世に編まれた教会歌を基にして作曲された、全20曲からなる大作。
なお、"Ciebie wzywamy, Ciebie blagamy [We call on You, we beseech You]"という21曲目を
作曲していたようだが未完に終わっている。ポーランド音楽協会の公式サイトは、そのためか全21曲としている様子。
また、曲順も媒体によって違うので注意が必要。



クラクフ・シンガース  ヴオジミェシュ・シェドリク指揮
The Cracow Singers in Tribute to H.M.Gorecki  Wlodzimierz Siedlik,Conductor
2013年5月20-23日  DUX
I.3:00  II.1:57  III.4:51
作曲から30年近くを経て、ついにこの曲の全曲録音がリリースされました。
オリジナルの旋律をほとんどそのままに流麗な和声をつけてく、彼の後期合唱作品に典型的な手法ですが
彼の敬虔なキリスト教徒ぶりと聴きやすい音楽がうまく融合して、素晴らしい宗教歌曲に仕上がっています。
この手の作品がよく分からなくても、音楽の美しさに素直に聞き入るだけで十分。


ワルシャワ・プラハ教会合唱団  パウェル・ウカシェフスキ指揮
Praga Cathedral Choir,Warsaw(Chor Katedry Warszawsko-Praskiej)  Pawel Lukaszewski,Conductor
musica sacra
("Twoja czesc,chwala" only)5:00
ここに収録されている「御身の吊誉、栄光《は教会歌集から抜粋したもの。
バロックと現代の宗教曲を比較するコンセプトらしいですが、
この曲に限らすどれも非常に綺麗な曲。まあそれならこの選曲は順当でしょう。特に上満なし。
ただ、もう1、2曲入れても良かったんじゃないの。




グレツキのキリスト教に対する敬虔さがよく分かる作品。
厳密には編曲作品故に作品番号を与えられていないものと推測されますが、
解説冒頭にヨハネパウロ2世の言葉が引用されているように、
グレツキ作品の理解になるとともに非常に実用的でもある内容です。






グレツキTOP