5つのマリアの歌 作品54
Marian Songs  Op.54
I.Mother of the heavenly Lord
II.Most Holy Mother!
III.Hail Mary!
IV.Oh, how sad is the parting
V.We shall praise You for eve

1985年2月作曲
1985年6月3日3曲目のみ初演
混声合唱

グレツキが聖母マリアを歌った5つの教会歌を編曲したもの。
彼独特の和音やオスティナート性を、本来のメロディーに付与したような作品。



クラクフ・ポーランド放送合唱団  ヴオジミェシュ・シェドリク指揮
Polish Radio Choir Cracow  Włodzimierz Siedlik,Conductor
2006年2月23日  Polskie Radio
I.3:29  II.10:58  III.3:48  IV.4:34  V.5:08
全曲版が市場に出るのはたぶんこれが初。
もっとも、抜粋の録音されていたPolskie Nagrania盤も今や入手絶望的ですが。誰か売って下さい。マジで。
作品番号60台の合唱曲と雰囲気は全く変わりません。安心してその美しさに埋もれることが出来ます。
演奏もはりのある綺麗なものです。

ロサンゼルス・マスター・コラール  グラント・ガーション指揮
Los Angeles Master Chorale  Grant Gershon,Conductor
2012年6月12-14日 Decca
I~V. 26:55
こちらもなかなか豊かな響きで聴けて実に良い。
ちょっと緊張感が足りない気もしますが、曲の性格的にはこれくらいで丁度いいのかも。











アンヌ・リル、あなたに捧ぐ 作品58
For You,Anne-Lill  Op.58


1986年9-10月作曲
1990年5月改訂
1990年8月4日初演
フルート、ピアノ

アンヌ・リルとは、初演時のフルート奏者(Anne-Lill Ree)のことだと思われる。



Andrea Ceccomori,Flute  Fabrizio Ottaviucci,Piano
Amiata
9:55
貴重なおそらくこの曲唯一の録音なのですが・・・はっきり言って上手くありません。
フルートの音色が綺麗ではないし、ピアノの音が妙に遠い印象だし、どうも散漫。
曲がとりとめない曲想というせいもあるかもしれませんが、繰り返し聴きたくなる演奏ではなかったです。
折角の録音なんだからもうちょっと頑張って欲しかった・・・
なお、途中にちょびっと会話みたいな声が挿入されてたのは楽譜にそう指示があるんでしょうか?
いつか楽譜を見てみたいなあ。












アリア「歌劇的情景《 作品59
Aria,"Operatic scene"  Op.59


1987年4月作曲
1987年5月28日初演
チューバ、ピアノ、タム-タム、バスドラム


未完となったオペラの断片を基にして作られた。
ピアノのC音が全体を包括する役目を果たしており、印象的。



ジェームズ・グーレイ:チューバ  ジョン・ウィルソン:ピアノ
ライアン・マクラウド&マーク・ノーマン:打楽器
James Gourlay,Tuba  John Wilson,Piano
Rhian Macleod & Mark Norman,Percussion
2002年5月  DOYEN
11:29
あれですね、冒頭聴いた瞬間ひばりを思い出しました。あれの冒頭とおんなじです(笑)
あの重さがだんだん盛り上がって頂点で打楽器がガツン、って感じ。最近のグレツキの黒さが満点です。
演奏良いです。ただし、チューバのアルバムに収録されてるからか、他よりチューバの音量大きいです。






グレツキTOP