すべてあなたのもの 作品60
Totus Tuus Op.60

1987年3月作曲
1987年7月19日初演
混声合唱

ポーランド出身のローマ法王パウロ二世に捧げられる。
ポーランド・カトリックの聖歌をそのまま利用して、簡単な三和音にしたもの。
素朴なメロディーがゆったりと繰り広げられていく。



ポーランド放送合唱団、ポーランド室内合唱団「スコラ・カントルム・ジェダネンシス《  ヴオジミェシュ・シェドリク指揮
Polish Radio Choir & Polish Chamber Choir"Schola Cantorum Gedanensis"  Włodzimierz Siedlik,Conductor
2003年  Acte Préalable
11:17
ライヴ演奏ですが、ゆったりしたテンポでしっかり歌われています。
ホールによる残響やライヴの興奮がまた良い。拍手あり。


キングス・シンガーズ
The King's Singers
1995年2月  Catalyst
9:17
少人数の男声合唱による演奏。歌っている人数が少ないので、この曲の美しさがより強調されています。
技術的には全く問題なし。


ヴァザーリ・シンガーズ  ジェレミー・バックハウス指揮
Vasari Singers  Jeremy Backhouse,Conductor
1995年2月  EMI
8:59
線が細めで特徴的。模範的とも取れますが、非常にきれいで良い歌唱です。


プラハ・フィルハーモニー合唱団  ジョン・ネルソン指揮
Prague Philharmonic Choir  John Nelson,Conductor
1992年6月  Argo
11:29
ゆったりした演奏です。演奏は良い意味でとても模範的。
抑揚や歌い回しが実に上手い。素晴らしいです。


オックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団  エドワード・ヒギンボトム指揮
The Choir of New College,Oxford  Edward Higginbottom,Conductor
1996年  Erato
9:07
まずまずは標準的です。はっきりした曲の輪郭はありませんが、柔らかな歌い方で落ち着いて聴けます。
ただちょっと息継ぎとかの間が長すぎかなあ。
CDが合唱曲詰め合わせなのでそっちを聴きましょう。
カップリングに好みの曲が結構入ってて、買って良かったと思ってますよ、ええ。


ロバート・ショウ祝祭合唱団  ロバート・ショウ指揮
Robert Shaw Festival Singers  Robert Shaw,Conductor
1994年7月26-28日  TELARC
11:15
普通の演奏。ちょっと冒頭の押しがいまいちかな、ってところ。
ゆっくりしてます。雰囲気ものんびりした仕上がり。
特にこれ、ってものがないのが残念です。全然悪くないんですけれどね。


クラクフ・ポーランド放送合唱団  ヴオジミェシュ・シェドリク指揮
Polish Radio Choir Cracow  Włodzimierz Siedlik,Conductor
2003年6月6日  Polskie Radio
11:41
かなり遅いですがしっかりした芯のある歌声で心地よい。
じっくり聴くと、そのテンポゆえの味わいがあって良いです。素晴らしい演奏。


ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団  スティーヴン・クレオベリー指揮
Choir of King's College, Cambridge  Stephen Cleobury,Conductor
1994年7月18,20-22日  EMI
8:55
緩急ついた表情豊かな曲調に仕上がっていて、聴いていて高揚できる良い演奏です。
イギリスならではの柔らかい演奏ですが、よく曲調にマッチしていると思います。


室内合唱団"Versija"  ユリス・ヴァイヴォツ指揮
Chamber Choir "Versija"  Juris Vaivods,Conductor
1990年代後半?  Jade
11:35
ヨハネ・パウロ2世のための合唱曲集アルバムから。そのタイトルも”Totus Tuus”。
凄い残響。茫洋とした中で柔らかな声が紡がれていきます。
ここまで残響残してくれると却って気持ち良いですね。ドローン的な感覚がたまらない。
ただし、拍動のほうはあまり抑揚ありません。あくまでゆっくり。後光のような歌唱。


シレジアン・フィルハーモニー合唱団  ヴァルデマル・ストリク指揮
Silesian Philharmonic Chorus Waldemar Sutryk,Conductor
2008年8月  DUX
13:00
細かく表情付けを行っているところは頑張ったと思いますが、そこまでこだわらなくてもいいんじゃないだろうか。
流れが妙に変化球すぎて…ただ好み次第では気に入る人もいると思います。
ゆっくりとした、ちょっと癖のある演奏。


BBCシンガーズ  ボウ・ホルトン指揮
BBC Singers  Bo Holton,Conductor
1993年11月27日?  united
9:50
けっこうメリハリある歌唱。ビブラートとかもかけてるのがわかります。
抑揚のつけ方で、後半にいろいろ山谷があって新鮮。
これはこれで良いです、やたら細かく作りこんでいる感じ。
ただ綺麗に歌われるよりよっぽど好感が持てる。


Choir of Lincoln College, Oxford
? Regent Records
8:59
「Magnificat《なるアルバムに収録。全然ためない。冒頭なんかびっくりするくらいさらっと流す。
その割には間が多い。びっくりするほど薄味な音楽。内容はそこまで薄くないけれど。
あと、5曲目のハウエルズの曲がかっこいい。


Vocaal Ensemble Cantatrix  Great Jan van Beijeren Bergen en Henegouwen,Cond.
2008年  Aliud
8:38
「Contrasts《というアルバムの最初に収録。
けっこう早めでサラッと流れる。特に綺麗さが引き立つわけでもなく、印象に残らなかった。
半年以上かけて取り寄せた割には、全然期待はずれだったかも。


Choir of St. John's College, Cambridge  Christopher Robinson,Cond.
1998年7月14-15日  Nimbus NI 5589
7:49
「Fear and Rejoice, O People《収録。
早めのテンポでさっと流してはいますが、歌唱も録音もクリアでかつ芯のある響き。
最初のインパクトも適度にあるし、なかなか悪くない演奏です。
ただ実に普通すぎるせいで勧めるポイントも特記できないのが残念なところ。
他の変なオムニバス買うくらいならこれのほうがいいんですが、カップリングの並べ方が微妙すぎて…
ハウエルズにRVWにウォーロック、イギリス勢ばっかり。演奏は全然悪くないんだけれどなあ。
余談、タイトル曲のタヴァナーは、正直これ聴くなら古楽聴こうよ、というようなもの。
初録音なのはいいけれど、彼の曲なら最後のやつの方がいいな。


Cracow Choral Society  Malgorzata Orawska,Cond.
1996年  Koch
10:50
最初はまあまああっさり目でしたが、最初の主題が過ぎるとけっこう落ち着いた流れになります。
悪くない感じにまとまっている上豊かな美しさがあって、なかなか悪くない。
残響が多めの録音で良い感じに響きが楽しめます。ミスしてるのかよくわからなくなっている、とも言う。


ガブリエリ・コンソート  ポール・マクリーシュ指揮
Gabrieli Consort  Paul McCreesh,Cond.
2007年7月  Deutsche Grammophon
11:36
少しだけゆったりめ、奇をてらうことのない安定した進行。好感が持てます。
録音のきらびやかさはグラモフォンだけあってお手の物。
おかげで、細かなバランスの上備なんかはかき消されてまったり聴ける。
かなり上位に来る録音じゃないかと思います。


イギリス・ナショナル・ユース合唱団  マイク・ブラウワー指揮
National Youth Choir of Great Britain  Mike Brewer,Cond.
2011-12年  Delphian
9:35
声量豊かで良い演奏。無理に伸ばすことなく自然な流れを作っていてとても聴きやすいです。


(吹奏楽編曲版/編曲:Ray Cramer)
ノースショアー・コンサート・バンド  レイ・クレイマー指揮
Northshore Concert Band  Ray Cramer,Conductor
2001年12月  Mark
4:53
あれれ、冒頭が静かに始まってら、しかも原曲をへんてこにつぎはぎしつつ微妙にオリジナルな部分を作ってるぞ…
音色が豊かになってるのは良いけれど… 演奏も、はっきり言っちゃうと下手。
これを聴いてグレツキに興味を持ってくれる人は出てくれるかな~…
あと、一番最初の「カンッ《ってのは何だ…まさかチャイムのペダル踏み忘れて叩いたとかじゃないよね、違うよね…
まあいいや、クリニックの演奏だし…(これはMidwest Clinic 2001のライヴCDからです)




知吊度は交響曲第三番の次にくるくらいの曲ではないでしょうか。
録音の種類に至っては、グレツキ作品の中では断トツに多いです。
でも、この曲聴き比べたいだけのためにCDを買うのは勇気が要りますね。だからあんまり本気で集めてません。
単純というか簡素な曲なので、ぶっちゃけ綺麗に歌ってくれれば何の問題もありませんしね。
合唱の世界じゃけっこうメジャーな部類の曲なのでは?
あと合唱はぜんぜん詳しくないので、語彙がいつも以上に貧弱でごめんなさい。






グレツキTOP